歯科の持つ国家資格

歯科技工士のお仕事紹介

トップ

歯科医になるための情報

歯科技工士の仕事内容

歯科技工士とは、補綴物を作る仕事、簡単に言うと、入れ歯や金歯、インプラントなどを直接製作したり、修理、加工、その他の業務に従事している医療技士です。勤務場所は、病院内に属する技工所ないし補綴物だけ専門的に製作する技工所で勤務をすることになります。もっと簡単に言えば、歯医者に行って歯が腐って歯の型を取ると、歯医者は、型を取った印象体を技工所に送り、製作を依頼します。それを期限内に完成させる仕事を言います。歯医者を経由せずには、直接患者を受け入れることがないので、個人事業者である歯科技工所は看板を上げることができません。

歯科技工士についてご紹介

歯科技工士は国家資格で年に1度の国家試験に合格することで資格が取得できます。国家試験を受験するためには国が定めた養成学校を卒業しなければなりません。主な仕事内容は歯科医師の指示に基づき、歯の詰め物や入れ歯、矯正装置などを作ることです。資格を取得後は病院や歯科技工所など様々な場所で働くことになりますが、患者さんと直接接する機会はあまり多くありません。近年では海外から輸入された技工物もあり、輸入を禁止する法律もないことから価格競争が激しくなってきており、そのため、歯科技工士はより高度な技術を身に付けなければなりません。